We have Moved!
Check out our new Website

1/11/11

We Are One #43 Charity Fund Raising Event for Haiti (Clinton Bush Haiti Fund)

It is a guesthouse with a mix of 和風 and many thing else. 

2月13日 (日)、We Are One Internationalは、Kansai Music Conferenceとタグを組み、大阪玉造のカフェバー「由苑」でハイチ大地震被災者支援のためのチャリティーイベントを開催しました。

This time, we are glad to collaborate with Kansai Music Conference in this meaningful charity event. 

案内人Duaneさんの合図で「にぎわい堂」笑人(Showto)さんの英語落語の寄席が始まりました。落語を楽しむには演者も観客も想像力をフルに働かせることが大切とのこと。視線のやり場、座っていながら走っているように見せる方法、一人二役の演じ方、「落ち」のつけ方など、実際に実演して見せて下さいました。想像力を働かせることで落語の小道具である扇子や手ぬぐいが、傘やお箸、器等に見えてくるから本当に不思議です。
Showto (笑人) is the English Rakugo Sensei. He used to be a teacher in public schools two years ago but now he has found his passion in educating the next generations through English Rakugo. 

ところでジョークや笑い話の日本語で言う「落ち」ですが、英語では”punch line”と言うんですね。ひとつ賢くなりました。(^.^)
The small boy, a Rakugo performer is getting some final rehearsal with his Sensei


笑人さんの後継者(?!)、ちびっ子らが大人顔負けの英語落語を披露してくれました。「キャッキャッ」とお猿さんを演じるかわいいしぐさや、おそばを食べる時のオーバーアクションが観客の笑いを誘いました。

Carrie didn't put on a Japanese tradition costume like the boy's yukata, but she manage to find herself in full Kinomo like a Gei-sha. 


その後に再び、笑人さんが登場し、彼の指導の下で今度は観客らがお題、「Speaking flower、(くちなし)」に挑戦しました。日本人ジャッキーの飲み込みの速さに誰もが驚嘆しました。同じお題で韓国語、ドイツ語、イタリア語バージョンをブライアン、アレックスそしてWe are oneイベント初参加のリオさんらも次々にチャレンジしました。
「パン 二 ハム ハサミダ」一瞬、韓国語かと思いきや、おもいっきり日本語やし…ハチャメチャ言語に皆大笑いしました。



続いて豪華絢爛なモンゴルの伝統舞台衣装を身にまとったマイコさん(モンゴルの歌)とDrum Circle(ジャンベというヤギの皮が張られたアフリカの民族楽器)のコラボレーションパフォーマンス。モンゴルの大草原を頭にイメージしながら聴いていると、徐々に激しいドラムのサウンドが加わり、モンゴルから突然、摘ままれてアフリカに投げ飛ばされたような感覚がしました。(笑) マイコさんは普段、馬琴頭と言う楽器の伴奏でモンゴル民謡を唄われているそうです。

最後にドギーマギー石田さんによるマジックショーがありました。軽快な音楽と共に、カラフルな指キャップの数が増えたり減ったり、色が変わったりとSo amazing and beautiful!! 閉めは知恵の輪を使ったマジック。困難な状況に直面したとき、自分を信じ続けること。何度も挑戦してみること、旨く行かない時は、視点を少し変えてみてひとつひとつクリアして行く…そんな人生の極意ともいえる素晴らしいトークを英語でしながら縺れた知恵の輪は見事に解かれていきました。


さまざまなパフォーマンスを楽しみ、またハイチの被災者のために自分にできる範囲の貢献をしてみて、何かとてもいい事をしたような、満たされた、優しい気持ちになりました。




Haitian proverb-- “Men anpil chay pa lou” (Many hands make the load lighter)
「大勢で手を差し伸べたら負担はさらに軽くなる。」--(ハイチのことわざ)

 Duane, giving an introduction about Rakugo. It is all about imagination...












Jackie at the florist. An English Rakugo performance. 






A rose....how sexy!

Brian from KMC

Raguko in "Italian".


Ryo and Showto-sensei performing Rakugo in "French"!



Alex, in wich language was your Rakugo?

A Mongolian singing performance accompanied by African drums. 

Ma'na, the Japanese Mongolian singer.







Magic show time! He can changed the record into any colour but all colors except red, blue and yellow  are sold out!

The card trick

The ring trick






 

On January 12th, the worst earthquake in 200 years, 7.0 in magnitude, devastated Haiti. The natural disaster left more than hundreds of thousands dead and millions in need of emergency aid.  

1月12日、マグニチュード7.0の大地震がハイチを荒廃させました。この自然災害によって何十万人もの人々が亡くなり、また何百万にもの人々が緊急援助を必要とする事態をももたらしました。さらに最悪なことに2010年10月にはコレラの発生がこの国を襲いました。2ヶ月後にはコレラはハイチ全域に拡大し、90,000人を超える人々が病気に罹り、2,000人を上回る尊い命が奪われました。

To make things worse, a cholera outbreak hit the country in October, 2010. In two months, it had spread to every section of Haiti, sickening more than 90,000 people and killing more than 2,000. 


ハイチ大地震の発生から一年を迎え、We Are OneはKansai Music Conferenceと協力し、ハイチの家屋の再建を支援するためのチャリティイベントを開催いたします。


As the one year anniversary of Haiti earthquake approaches, We Are One will team up with Kansai Music Conference to put on a show to help people in Haiti to rebuild their homes! 


Sunday, February 13th 2011
Comedy & magic from 19:00 - @ Guest House, U-en in Tamatskuri 
Entrance fee: 500yen (1 drink)  


RSVP to we.are.one.japan@gmail.com 
Performances by: 
Dogy Magy Ishida (magic show)


2011年2月13日(日)

落語&マジックショー 夜7時スタート ゲストハウス 由苑http://www.u-en.net/

入場料:500円(1ドリンク付)


ご予約 we.are.one.japan@gmail.com まで


出演者:

にぎわいどう(英語落語)

Dogy Magy Ishida (マジックショー)
Come enjoy an evening of Japanese traditional storytelling, English rakugo and magic show to help the people of Haiti. 100% of donations will go toward the Clinton Bush Haiti Fund which is designed to help the long-term reconstruction in Haiti. Feel free to bring your friends along! 

As they say in Haiti: Men anpil chay pa lou or Many hands lighten the load. Your help makes an enormous difference!

ハイチの人々を支援するために当日夜に開催される英語による日本の伝統落語とマジックショーをお楽しみ下さい。
尚、寄付金は全て、ハイチ大地震の長期的救済活動のために立ち上げられたクリントンブッシュハイチ基金に送られます。是非お友達もお誘いの上、ご参加下さい。ハイチの諺に「Men anpil chay pa lou」(大勢の人が集まれば積荷は軽くなる)とあるように、皆さんのご支援が大きな社会貢献へと繋がるでしょう。


No comments:

Post a Comment